裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)、マウスピース矯正(インビザライン)、目立たない矯正の比較

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
見えない矯正の比較
従来は矯正治療といえば金属のギラギラとした装置が主でした。しかし、今では白いセラミック製(表側)のより目立たない矯正装置もありますし、裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)では、装置を歯の裏側につけるので、周囲の人が外から見てもほとんどわからない状態で歯並びを治すことが可能です。また、取り外しのできる透明なマウスピースを用いた矯正治療もあります。東住吉区のエムラ歯科・矯正歯科では、患者様の「見えない」矯正治療へのご要望に応えるため、様々な治療法からお選びいただけます。それぞれの方法によってメリット・デメリットがありますので、患者さんの歯並び、咬み合わせの状態やご要望に合わせ、最適な方法を提案させていただいております。
セラミック矯正(表側の目立たない矯正装置)
「矯正治療を受けたいをしたいけれど、目立つのが気になる」という方にには、セラミック製の目立たない矯正装置がおすすめです。セラミック製の矯正装置は、歯の色に近いので、金属製の装置に比べて、目立ちにくいのが特徴です。裏側矯正やマウスピース矯正と比べると、治療費は安くなります
裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)
裏側矯正は(舌側矯正・リンガル矯正)は、矯正装置を歯の裏側につける最も審美性の高い矯正治療で、表側のセラミック矯正や、マウスピース矯正よりも装置の見た目に優れており、装置がほとんど見えないのが特徴です。接客業や人前に出るお仕事などで矯正装置が見えてしまっては困るけれど、矯正治療を受けたいという方に特におすすめです。
マウスピース矯正(インビザライン)
取り外しのできる目立たない透明なマウスピースを用いた矯正治療です。食事のときは取り外せるので、矯正治療をしてないときと同じように気兼ねなく何でも食べられます。
セラミック矯正
(表側の目立たない装置)
裏側矯正
(舌側矯正・リンガル矯正)
マウスピース矯正
(インビザライン)
装置の
見た目

白いセラミック製の装置なので従来の金属の装置と比べて目立たないですが、裏側矯正やマウスピース矯正と比較すると見た目では劣ります。

裏側の装置なので大きく口を開けて笑っても全く装置が見えない。装置の見た目は最も優れています。

外観にふれるが、透明に近いプラスチック製のマウスピースを使用するため、矯正装置を装着していることがほとんどわかりません。
費用
裏側矯正、マウスピース矯正と比較すると治療費が割安になります。

一人ひとりの患者さんの治療前の歯型を元に矯正歯科専門の歯科技工士の手作業によって治療後の歯並び・咬み合わせのシミュレーション模型を作った後、それに合うようにオーダーメイドの装置を作るため、コストがかかります。

患者さん一人ひとりの歯型に合わせてCAD/CAM技術を用いてコンピュータで正確にカスタマイズされた装置を治療ステージに応じた数(約40〜60個)製作するため、コストがかかります。
治療期間
歯科医師の診断スキル・治療技術・経験によって差があります。

表側の装置の場合とほぼ同じです。

患者さんの装置の装着時間が短いと、治療が長引くことがあります。
装置の違和感
唇や頬の裏側に装置があたるなどの違和感があることがあります(時間とともに慣れるので心配しすぎる必要はありません)。

しゃべりにくい、舌が当たるなどの違和感があることがあります(時間とともに慣れるので心配しすぎる必要はありません)。

装置を装着しているときは違和感があったり、しゃべりにくいことがありますが、取り外すことができます。
清掃性
固定式の装置のため、矯正装置を装着していないときと比べて丁寧に時間をかけて歯ブラシをする必要があります。矯正治療中の歯みがきの注意点について丁寧に説明しておりますのでご安心ください。

裏側の装置のため、装置を直接見ることができないので、歯ブラシはやや難しくなります。矯正治療中の歯みがきの注意点について丁寧に説明しておりますのでご安心ください。

取り外しのできる装置のため、矯正治療をしていない時と同様に歯ブラシをすることができます。
適応範囲
健康な歯と歯ぐきがあれば、あらゆる患者さんに適応可能です。

表側の装置と比べるとやや適応範囲が狭くなりますが、ほどんどの患者さんに適応可能です。

残念ながら歯並びの凸凹が大きい場合や、あごの骨の前後もしくは横方向のずれが大きい患者さんには適応できません。

このページの先頭に戻る