デコボコ(ガタガタ)の歯並びの治療|東住吉区針中野の矯正歯科

はりなかの歯科&矯正歯科 はりなかの歯科&矯正歯科 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
乱ぐい歯・八重歯の治療
乳歯から永久歯にはえかわるには、十分なスペースが必要になります。乳歯列や混合歯列期(乳歯と永久歯が混じった時期)にガタガタがあったり八重歯がある場合、その程度にもよりますが一般的には、何もしないでそのまま永久歯にはえ変わった場合、約70%の方が永久歯の抜歯を伴う矯正へ以降してしまいます。
逆に小児期の時期に取り外し式装置を使用し、顎の成長を利用して永久歯のスペースを確保することにより、抜歯治療の可能性を大きく減らすことができます。

また、ガタガタや八重歯の状態のままですと、清掃性も悪く虫歯のリスクが高まります。特に永久歯は、はえたばかりは幼弱で虫歯になりやすい時期でもあります。
小児期にガタガタをほどいてあげることは、将来的に永久歯のスペースを確保するだけでなく、間接的に虫歯のリスクも減らすことにもつながります。



拡大スクリュー付きプレート(床矯正装置)
取り外しのできる装置で、主に夜間のみに装着していただきます。矯正装置の真ん中にあるスクリューを回転することにより、少しずつあごを広げて永久歯のスペースを作ります。あごの骨への負担の少ないスピードで広げていくため、ほとんど痛みは気になりません
床矯正装置
リンガルアーチ
歯の裏側に装着する、見えない矯正装置です。ワイヤーを調節して歯に矯正力を加えることにより、歯のガタガタを改善します。
リンガルアーチ

このページの先頭に戻る