矯正歯科・小児歯科|東住吉区で床矯正

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
床矯正装置
床矯正装置は取り外しができ、主に夜間に装着していただく装置です。歯に引っ掛けるワイヤーの部分と、お口の粘膜に接するプラスチックから成る装置で、プラスチックの部分にネジを埋め込んであごの幅を広げたり、バネを付けて歯を移動させたりします。装置を外して歯磨きをすることができるので歯磨きがしやすく、虫歯を予防しやすいことがメリットです。その代わり、装置の効果は装着時間など患者様の協力によって左右されますので、担当医の注意をよく守って使用してください。
床矯正装置の種類
拡大スクリュー付きプレート
拡大スクリュー付きプレートは、主に歯並びのデコボコの改善に用います。スクリューを回すことで、顎を横方向に拡げることができます。これにより、永久歯が並ぶスペースをしっかりとつくることができます。また、ワイヤーを調節することにより、内側にある歯を前に押し出したり、逆に出ている歯を引っ込めたりすることで、歯並びを整えることができます。
拡大スクリュー付きプレート
咬合挙上板
混合歯列期(乳歯から永久歯に生え変わる時期)の過蓋咬合(かがいこうごう 前歯の咬み合わせの深い状態)の治療に使用されます。下の前歯が接触する部分をプラスチックで平坦に高く盛り上げているのが特徴の矯正装置です。
臼歯の咬み合わせを高くするとともに、前歯をあごの骨に押し戻す力を加えることによって、咬み合わせを浅くする装置です。

咬合拳上板

このページの先頭に戻る