出っ歯(上顎前突)の矯正|東住吉矯正歯科センター

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
上顎前突(出っ歯)の治療
上顎前突とは、上の歯や歯並び全体が前に出ている状態、よく言う出っ歯の状態です。上顎前突(出っ歯)の問題点としては、咬み合わせに問題があるために奥歯を正しく機能させられないことや、前歯でうまくかみ切ることができない、転んだときに前歯を損傷しやすいことなどが挙げられます。実際、東住吉区のエムラ歯科・矯正歯科を受診される患者さまでも、上顎前突の方の場合、上の前歯を転倒して強打して神経が死んでしまったとうことがよくあります。

上顎前突(出っ歯)には、上あごが大きい、下あごが小さい、上の前歯が前方に強く傾斜しているなど、さまざまな原因があります。そのため、一人ひとりの患者様に対して精密検査・診断を行い、その原因が何であるのかを明らかにした上でそれに応じた矯正治療を行います。

特に上顎前突の原因が上あごが大きい、もしくは下あごが小さいといったあごの骨のバランスの問題である場合、あごの骨の成長期に矯正治療をすることが大切です。
咬合斜面板(ジャンピングプレート)
取り外しのできる装置で、主に夜間に装着していただきます。お口を閉じて咬んだ時に、下の歯と装置が接触し、下あごが前に誘導されます。下あごの成長をうながすことにより、上顎前突を改善します。患者様の筋肉の力を利用して効果を発揮する、機能的矯正装置の1つです。
咬合斜面板
ヘッドギア
頭に装着したヘッドキャップを介して、上あごの成長を抑制したり、上の歯を後ろに移動させることにより、上顎前突を改善します。
ヘッドギア

このページの先頭に戻る