東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリアでインビザライン(マウスピース矯正)

はりなかの歯科&矯正歯科 はりなかの歯科&矯正歯科 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。

矯正治療が進んでいくに伴って新しいアライナーに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。

透明な目立たない装置を使用するので周囲の人の目を気にせず治療ができることや、取り外しができるので食事の制限がないなどの特徴があります。

日本で行われているマウスピース矯正にはいくつかの種類がありますが、当院では世界で900万人以上(2020年10月時点)の患者様が治療を受けられているマウスピース型矯正装置「インビザライン」を採用しています。

インビザラインについて

マウスピース型矯正装置(インビザライン)はワイヤーを全く用いず、取り外しのできる透明なマウスピースを用いて行う矯正治療です。

1999年にアメリカのアラインテクノロジー社によってアメリカの矯正歯科医院でインビザラインによる治療が始まって以来、目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しい矯正歯科治療システムとして世界100か国以上の国々で使われており、これまでに600万人以上の方が治療を受けられています。

インビザライン

インビザラインは、矯正歯科医が立案した一人ひとりの患者さんの治療計画に基づいてオーダーメイドで製作されます。「クリンチェック」と呼ばれる3次元シュミレーションソフトを通して、コンピュータ画面上で、治療終了に至るまでの過程を確認でき、現状を把握。最初に総合的な治療計画の立案・検討を行います。東住吉区の はりなかの歯科&矯正歯科では、診断の際に3次元シミュレーションソフト「クリンチェック」を患者さんに見ていただきながら説明することにより、治療の流れを視覚的にイメージしていただくようにしています。

患者さんは厚さ0.5mm程度の「インビザライン・アライナー」というマウスピースを、通常は2週間ごとに新しいものと交換しながら歯を移動させていきます。治療期間中はおよそ4週間に一度来院していただき、治療の進捗状況をチェックするとともに、次の治療ステージのインビザライン・アライナーをお渡しします。こうして段階的に歯を移動させ、理想的な歯並び・咬み合わせを作ります。
歯並びを治したい、でもこんな心配はありませんか?
チェック入りボックス装置の見た目が気になる
チェック入りボックス矯正装置をつけたままだと食事がしにくそう
チェック入りボックス矯正装置が話すときに邪魔にならないか心配
チェック入りボックス歯磨きがしにくくて虫歯や歯周病にならないか不安
チェック入りボックス金属アレルギーなので金属を使わずに矯正治療を受けたい
矢印
そのようなあなたには、マウスピース型矯正装置(インビザライン)による、「見えない」「取り外しのできる」快適な矯正歯科治療がおすすめです。

インビザラインによる治療の流れ

矯正カウンセリング

東住吉区の はりなかの歯科&矯正歯科では、無料矯正相談を行っております。患者様の歯並び・咬み合わせに関するお悩みについてお聞きした後、お口の中を拝見します。インビザラインでの治療についてや、裏側矯正(舌側矯正)などの他の矯正治療との違い、メリット・デメリットについて詳しく説明します。
インビザラインの流れ

矯正セファロ分析

レントゲン撮影、顔および歯の写真撮影、歯型とりなどを行い、歯並びや咬み合わせの問題点を細かく分析します。
インビザラインの流れ

歯の動きのシミュレーション

クインチェックというソフトフェアを用いて、実際にインビザライン治療を進めていくときの歯の動きのシミュレーションを行います。このシミュレーションは患者さまにも見ていただくことが可能です。
インビザラインの流れ

インビザラインの歯型とり

インビザラインを製作するための精密な歯型とりを行います。この歯型を、矯正歯科医が立案した治療計画書と一緒に米国のアラインテクノロジー社に発送し、インビザラインを発注します。
インビザラインの流れ

インビザラインの製造過程

患者さまの歯並びに合わせたインビザライン・アライナーが米国アラインテクノロジー社独自の製造行程によって作成されます。
インビザラインの流れ

インビザラインの装着

食事と歯みがきの時を除く1日に20〜22時間、インビザライン・アライナーを装着していただきます。
インビザラインの流れ

インビザラインによる治療

1〜2週間ごとに新しいアライナーに交換し、少しずつ歯を動かしていきます。4〜6週間毎に来院していただき、歯の動きをチェックするとともに、補助装置の装着などを行います。

インビザラインに関するコンテンツ

医療広告ガイドラインに基づいた表記

薬機法未承認医薬品を用いた治療
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、 日本国の薬機法上の医療機器に該当していません。

入手経路に関して
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は米国アライン・テクノロジー社の製品であり、 インビザライン・ジャパン社を介して入手しています。

国内の承認医薬品等の有無
国内で使用されているマウスピース型矯正装置には様々な種類があり、 薬事承認されているものもあります。 日本で医療機器としての矯正装置と認められるものは、次の2点を満たしたものです。
・薬事承認されている材料を使用していること
・既製品の場合は、その装置が薬事承認されていること

諸外国における安全性等に係る情報
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、世界 100 か国以上の国で提供され、 900 万人を超える患者様が治療を受けられている治療方法で、 重篤な副作用の報告はありません。(2020 年 10 月時点) 材料自体にアレルギーなどは出ていませんが、 歯科医師 及び医療法人の判断で、責任持って患者さんに使用していることになります。

リスク・副作用など
・患者さんの歯の状態や歯並びによっては、対応できないことがあります。
・マウスピースの装着時間が短い場合、治療計画通りに歯が移動しないことがあります。
・矯正治療後は保定装置を装着する必要があり、装着時間が不十分だと後戻りすることがあります。
・インビザラインは自費診療(保険適応外)です。

注意事項(リスク・副作用など)

・患者さんの歯の状態や歯並びによっては、対応できないことがあります。

・マウスピースの装着時間が短い場合、治療計画通りに歯が移動しないことがあります。

・矯正治療後は保定装置を装着する必要があり、装着時間が不十分だと後戻りすることがあります。

・インビザラインは自費診療(保険適応外)です。

PageTop

Copyright(C) はりなかの歯科&矯正歯科 All Right Reserved.