東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリアの小児矯正

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
子供の矯正歯科治療
歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによって、より理想的な治療結果を得ることができます。
その理由は、子供の矯正治療では、あごの成長をコントロールしながら治療ができるチャンスがあることにあります。大人はあごの成長が終わってしまっているので、あごの大きさ・位置にアンバランスがあっても、その土台なりに歯を動かすだけの矯正になってしまいます。しかし、子供はまだあごも成長段階にあるので、好ましくない方向への成長を抑制したり、逆に成長を促進するような治療の効果が期待できます。
また、あごの大きさが小さく、歯の並ぶスペースが足りない場合、成長期にあごの横幅を広げる治療をすることにより、歯を抜かずに矯正治療を行うことができる可能性が高くなります。
小児矯正
子供の歯並びが悪くなる原因
遺伝
お子さまの顔立ちや体型がお父さま、お母さまと似ているように、歯の大きさやあごの形も遺伝が関係します。例えば、お母さまが受け口だと、お子さまも受け口になる可能性が高くなります。また、生まれつき歯の数が足りなかったり、逆に歯の数が多い場合も遺伝の影響が大きいと言えます。

食事
生まれてからの習慣が原因で歯並びが悪くなることがあります。その一つが食事です。例えば、ポテトサラダやハンバーガーなど、やわらかいものばかり食べていると、あごの成長に悪影響を及ぼします。その結果、あごが大きく丈夫に育たなくなり、歯がきちんと並びきらなくなって、歯並びがデコボコになりやすくなります。

乳歯のむし歯
永久歯がきちんとした位置にはえてくるためには、健康な乳歯があることが大切です。ひどいむし歯をそのままにしていたり、歯科医院で抜いてそのままにしていたりすると、永久歯がななめに生えたり、ずれて生えることにつながります。すると、歯並びが悪くなるだけでなく、咬み合わせも悪くなってしまいます。乳歯だからむし歯になっても大丈夫と考えず、むし歯になったら早めに治療を受けることが大切です。

口呼吸・悪いクセ
口で呼吸していると、いつも口が開いているため、歯を唇で押さえる力が弱くなったり、舌の位置が変わったり、口の周囲の筋肉のバランスが悪くなります。その結果、開咬や出っ歯になることがあります。また、頬づえなどのクセは、下あごを横にゆがめる原因になることがあります。
小児矯正
小さい頃から始めるメリット
子供の矯正治療では、大人と異なり成長発育を利用することができます。歯並びやかみ合わせの問題は、歯だけでなくあごの骨の大きさや上下のバランスに問題があることがありますが、成長期ではあごの大きさをコントロールできます。
そのため、次のようなメリットがあります。
あごの骨の問題を根本的に治療できる
出っ歯や受け口は上下のあごの大きさのアンバランスで起こります。成長期では、上下のあごの成長をそれぞれ促したり、抑えたりすることができます。その結果、大人になるまでに出っ歯や受け口の原因を根本的に改善できます。
歯を抜かない(非抜歯)で治療できる可能性が高くなる
歯並びのガタガタ(乱ぐい歯)や八重歯。これらは歯の大きさに対してあごの骨の大きさが小さいことにより起こります。成長期の場合、あごの骨を広げることにより歯の並ぶスペースを獲得することができます。そのため、大人になってから矯正治療をするよりも非抜歯(歯を抜かない)で矯正治療をできる可能性が高くなります。
子供の矯正治療に関するコンテンツ

このページの先頭に戻る