Default - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2018年12月03日 [Default]
みなさん、こんにちは(^o^)/

東住吉区 近鉄線針中野駅の高架下にある、
はりなかの歯科&矯正歯科の神谷です♪


さて!おまたせいたしました!!
本日は前回に引き続き、矯正治療に関する様々な統計の発表をいたします!!

@、Aに続きまして…
Bは、【矯正装置はどのタイプが一番多く選ばれているのか?!】です。

矯正装置は、
マルチブラケットという一番シンプルな装置で、【歯列矯正】を思い浮かべる時にパッと浮かぶ装置こそがマルチブラケット装置です。
歯の表面にワイヤーをつけて行う歯列矯正です。

その他には、
裏側矯正:歯の裏側に装置をつけます。正面から見ると装置がついていることは分かりません。
マウスピース矯正:透明のマウスピースを使用して歯列を整えていきます。


どの装置にもメリットやデメリットがあったり、
一人一人の生活環境によっても良し悪しの違いが出てくるため、
この装置が一番いいですよ!という断言はできません。

ですが、歯列矯正を始めるにあたり、一番最初に悩むのが、
どの装置で歯列を整えていくか!だと思います。


当院で歯列矯正をされいてるみなさまは、
一体どのタイプをよく選んでいるのか…!気になって調べてみました✨


それでは、結果発表です!!!!

第3位!
マウスピース矯正!!!!!

続いて、第2位…
裏側矯正!!!!

第1位となったのは…マルチブラケット矯正・・・!!!


マルチブラケットは、他の2つに比べると費用も安いということも、
選ばれる理由のひとつかもしれませんね。

ですが、矯正装置の良し悪しに関しては、
本当に人によって異なってくるため、正解はありません!(笑)

私も、歯列矯正をするなら絶対裏側矯正!!と思っていましたが、
今やマルチブラケットの審美タイプを装着し、何も気にせず過ごしています♪(笑)
私がマルチブラケット装置でもいいや♪と思えたのは、
生活環境が変わったという点が大きなポイントでした!

なので、ご自身の生活環境や職業に合った矯正装置を選んでいただき、
治療中の見た目に関してはストレスフリーで過ごせたらいいですよね✨


また、お子さまの矯正装置は今回ご紹介した装置とは異なります。
ちなみに…!マルチブラケット装置の次に多かったのはお子さまのプレート矯正でした♪

小さい頃から歯列矯正が受けられるって羨ましいです♪


さて!それでは次回、またお楽しみに♪



2018年11月19日 [Default]
みなさん、こんにちは(^O^)/
東住吉区にある はりなかの歯科&矯正歯科 助手・受付の神谷です♪

先日、ふと「当院に矯正治療で通院されている患者様の男女比率ってどれぐらいなんだろう…?」と
疑問に思い・・・調べてみました!!!


いきなりですが、結果発表〜〜〜♪(笑)

何項目かに分けて調べてみたので、
ひとつずつご紹介していきますね(*^^*)

まず、
@【当院で矯正治療中の患者様の男女比率は?!】
こちらは…約3 : 7で女性の方が多いという結果に!

やはり『見た目』や『美』に関しての意識が高いのは
女性の方が多いんですね!!!

ですが、これは私個人の意見ですが、
『美』の中でも、歯列に関しては性別は関係無いと思います(´・ω・`)
やっぱり男性であれ女性であれ、歯並びは綺麗な方が好印象です✨

もしかすると男性の方は、
「歯列気になるけど男だから行きにくいなー…男のくせにとか思われないかなー…」などと
思ったりするのかもしれません。
ですが、歯列は確実に綺麗な方が好印象ですし、
当院には男性の患者様も多数ご来院されておりますので、お気軽にご来院くださいね♪


続いて、
A【当院で矯正治療中の患者様で一番多く通っている年代は?!】
こちらは、やはり10〜20代が一番多く、次に10歳以下という結果でした。

10歳以下〜10代の方は、おそらくご自身の意志というより、
親御様が歯列を整えてあげたい!綺麗な歯列になってほしい!という想いから
治療を受けている方がほとんどかと思います。

20代〜の方は10代とは違い、
ご自分の意志で歯列矯正を希望する方が大半だと思います。
私もその一人です(^O^)/

小さい時に歯列矯正を受けれるという環境、私はとても羨ましく思います。
大人の歯列矯正とお子さまの歯列矯正は目的が異なりますが、
費用も異なり、大人になってからの方がやっぱり高いです。

お子さまに歯列矯正をさせた方がいいのかな?と悩んでいる親御様。
ぜひ、一度無料相談へお越しください♪
ちなみに、当院では一番小さい子で3歳のお子さまが矯正相談を受けられました!
実際に矯正治療を開始している一番小さいお子さまで7歳という結果も分かりました(^-^)



…少し長くなってきましたので、
統計発表の続きは次回にまたお話させていただきます♪

次回は、B【矯正装置はどのタイプが一番多く選ばれているのか?!】です!

歯の表面につける装置?!裏側矯正?!マウスピース矯正?!!
結果を予想していてくださいねっ!

それでは、また次回お会いしましょう〜〜(^o^)/


2018年11月05日 [Default]
みなさん、こんにちは!
東住吉区にある はりなかの歯科&矯正 の神谷です(^O^)/

日の入り時刻がかなり早まり、
気温もグッと下がる季節になってきましたが、
風邪などひいていませんか?


日頃、私が受付に入っているときに、よくこんなご質問を受けます。
「子供の矯正をしたいと考えているのだけれど、いつ頃から始めれば良いですか?」

お子さまの矯正治療と大人の矯正治療では、
目的や装置もかなり異なりますので、
どれが最適なのか、いつ頃が最適なのかご不安ですよね。

小児矯正に関しては、
早い子でだいたい小学生に入ったぐらいからスタートしているお子さまもいらっしゃいます。

大人の歯列矯正は、
既に生え揃った永久歯の歯列を整えることが目的ですが、

小児矯正は、
これから生えてくる永久歯がしっかりと正常に生えてくるように、
そのスペースを作っていくことが大きな目的です。


ただ、お子さまによって、
スタートすべき的確な時期というのは異なるものなので、
一人一人に合った小児矯正をご案内させていただくためにも、
まずは、矯正相談へお越しいただき、
先生とゆっくりお話していただければと思います(*^_^*)

当院は、矯正相談を無料で受け付けておりますので、
ぜひ、お気軽にご連絡お待ちしております♪

インターネットからでもご予約可能です!


皆さまからのご予約、院長始めスタッフ全員でお待ちしております♪



このページの先頭に戻る