口呼吸と歯並び - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2013年12月16日 [Default]

口呼吸と歯並び

扁桃やアデノイドという鼻の奥のリンパ組織が大きいことが原因で口呼吸になることがあります。扁桃やアデノイドが大きいとのどの奥の空気の通り道が狭くなり、鼻呼吸がしにくくなります。そうすると、口呼吸するようになってしまいます。扁桃肥大のまま矯正歯科治療を受けると、歯並びが後戻りしやすくなることがあります。扁桃肥大を手術すると、口呼吸が改善し、矯正歯科治療でよりよい結果を得ることができることがあります。口呼吸が気になるという人も、一度矯正歯科で相談してみてください。

口呼吸の原因
・扁桃肥大
・アデノイド
・アレルギー性鼻炎
・蓄膿症
・咬み合わせが悪く、あごが小さい
・口を閉じる筋肉が弱い
・前歯が出ていて口が閉じにくい

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る