東住吉矯正歯科センターのブログ | 東住吉区針中野の矯正歯科

はりなかの歯科&矯正歯科 はりなかの歯科&矯正歯科 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから

Blog

2020年05月20日 [Default]

口呼吸と歯並び

こんにちは!
はりなかの歯科&矯正歯科の山崎です。
今日は口呼吸と歯並びについてお話しますね。

まず、舌は「スポット」と呼ばれる口内の天井部分、上顎の歯列内に収まっているのが正常な状態です。そしてそこから舌の圧力と唇の力、頬の粘膜からの圧力がバランスを取り、歯並びを正常な位置へと導きます。ところが口呼吸が癖になると、舌が下がり上顎から離れて力のバランスが崩れ、今日粘膜の圧力が優位になります。頬からの力により歯列が内側に押されて狭くなり、その結果歯並びが乱れるのです。また、常に口を開けているので下顎が下へ下へと成長し、出っ歯や開咬といった不正咬合が生じるほか、顔つきも変わってきます。

このように口呼吸と歯並びは関係しています。
矯正相談は無料なので、気になった方はご相談下さいね。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop