大阪の矯正歯科の名医に関する評判は

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
矯正歯科の選び方
矯正歯科治療を行っている歯科医院は数多くあり、どこで治療を受けるのがいいか迷うという方も少なくないかもしれません。歯列矯正は、治療期間も費用もそれなりにかかりますし、一生のうちに何回も受けるものではありません。矯正歯科選びは、じっくり情報収集して自分に合ったところを選ぶことが大切です。

「先生がやさしそう」、「値段が安い」、「とにかく早い」、「歯を抜かない」、「クリニックがきれい」といったことだけで決めると、後で後悔することになりかねません。矯正歯科選びで迷っている方に、いくつかの大切なポイントについて挙げておきます。
ポイント1   矯正歯科専門医であること
現在の日本の法律では、歯科医師免許があれば誰でも矯正歯科を標榜することができます。しかしながら、矯正歯科を標榜している歯科医師の間で歯科矯正のスキルに差があるのが現実です。

矯正歯科は、歯科の中でも非常に専門性の高い分野です。一般歯科(虫歯治療や入れ歯治療など)と、矯正歯科と両方をやっている歯科医師にも矯正歯科のスキルの高い人はいますが、矯正専門医の場合、100人の患者さんがいれば100人とも矯正の患者さんです。そして、治療技術の勉強をする場合も、それは全て矯正歯科の診療に関係することです。そのため、矯正歯科に関する知識や経験は、矯正歯科専門医のほうが多いのはある意味当然かもしれません。

東住吉区にある東住吉矯正歯科センターの歯科医師 榎村徳仁は、大阪大学歯学部卒業後、大阪大学の大学院で5年間の矯正歯科を専門的に勉強し、その後、矯正歯科専門医院に勤務している矯正歯科専門医です。また、日本矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会などの学会に所属し、常に最先端の矯正歯科治療を取り入れることに努めています。


ポイント2   きちんと検査をし、その結果を丁寧に説明すること
通常、矯正歯科治療を行う前の検査として、歯型採り、口および顔の写真、咬み合わせ、歯のレントゲン写真、顔(横および正面)のレントゲン写真などを採取し、これらを細かく分析して診断をおこないます。
ところが、これらの検査には手間とコストがかかるため、省略して行っている歯科医院もあります。きちんと検査をして、それらの検査結果を丁寧に説明してくれる歯科医院で矯正治療を受けられることをおすすめします。
ポイント3   さまざまな情報を伝え、患者さまに納得して選んでもらう
歯科医師が全てを判断し、患者さまが完全に受け身という状態は、避けるべきだと考えています。東住吉区の東住吉矯正歯科センターでは、考えられるプランをできるだけ複数提示し、それぞれのプランのメリットとデメリットを患者さまに十分説明した上で、納得して患者さまに治療プランを選んでいただき、矯正治療を受けていただくようにと努めています。
ポイント4 治療方法と治療期間を丁寧に説明すること
矯正治療を受ける際に、どのように治療するかや、治療期間がどのくらいかかるかといったことが気になるのではないでしょうか。治療期間や治療方法は、患者さんによって異なります。そのため、通常はきちんと精密検査を行って、治療期間や治療方法を決定します。逆に矯正治療を開始したにも関わらず、治療方法や治療期間についてきちんとした説明がなかったり、予定されていた治療方法や治療期間が頻繁に変わるような歯科医院は問題があるといえます。安心して矯正治療を受けるために、矯正治療を開始する前に治療方法や治療期間について丁寧に説明してくれる歯科医院で治療を受けられることをおすすめします。
ポイント5   治療のメリットだけでなくデメリットも伝えていること
矯正治療を行うと見た目が良くなる、しっかりと咬めるようになるなどのメリットがたくさんありますが、しっかり歯みがきをしないと虫歯や歯周病のリスクがある、矯正装置に慣れるまでは違和感があることがあるなどのデメリットもあります。矯正治療のメリットばかりを伝えて、デメリットを言わない歯科医院はおすすめできません

また、「どんな歯並びでも歯を抜かずに治療できる」、「全ての症例をマウスピース矯正で治せる」などの、患者さんに過剰な期待をさせるようなフレーズで治療を薦めるような歯科医院はあまりいいとは言えないと思います。できるだけ歯を抜かずに治療したいという気持ちは多くの患者様が感じることですが、やはり抜歯をして矯正治療をすることにも理由があります。東住吉矯正歯科センターでも、できるだけ歯を抜かずに矯正治療を行うことができるように、スライスカット矯正、アンカースクリュー矯正を行っています(歯を抜かない矯正をご覧ください)。しかし、歯を抜かずに治療をすると治療後の安定性に問題がある場合や、横顔の見た目が理想的にならないと思われる場合には、そのことをきちんと説明して抜歯しての矯正治療をすすめるようにしています。

このページの先頭に戻る