小児矯正とは・・・ - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2013年11月25日 [Default]

小児矯正とは・・・

子供の矯正治療(小児矯正)とは、主に小学生頃の、永久歯と乳歯が混ざっている時期に行う矯正治療です。この時期は、まだ永久歯がはえそろってはいないため、歯を1本1本並べることよりも、永久歯がはえそろった時に歯がきれいに並び、いい咬み合わせになるような土台を作ることを目的とします。そのため、予防矯正とも呼ばれます。

歯並びのガタガタは、歯の大きさに対してあごが小さいことにより起こることが多いです。そのため、小学生頃の成長期にあごを拡げてあげることで、歯が並ぶスペースを作ることができます。このような治療は、骨の成長が終わった大人の時期には当然することはできませんし、中学生でもあまり効果は期待できないでしょう。やはり、矯正治療はいいタイミングで行うことが大切です。

いつ矯正治療が始めたらいいかわからない、という方は、一度お気軽にご相談ください。


東住吉矯正歯科センターの小児矯正について
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る