プレート(床矯正装置)を用いた矯正治療でしっかりよい結果を得るために - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2015年09月14日 [Default]

プレート(床矯正装置)を用いた矯正治療でしっかりよい結果を得るために

プレート(床矯正装置)を用いた矯正治療では、週一回などの決められたペース(患者さんによって異なることがあります)で忘れずスクリューを回すことが大切です。当院では、原則として患者さん本人ではなく保護者の方にネジを回していただくようお願いしています。しかし、保護者の方もいろいろと忙しくてついネジを回すのを忘れてしまいがちです。そこで、カレンダーに印を付ける、携帯電話のアラームを設定するなどして、ネジを回し忘れないように工夫することをお薦めします。

ちなみに、装置を装着する時間がどうしても確保できなくて、装置を外している時間が多い患者さんの場合は、ネジを巻くことよりも床矯正装置と歯列が合っていることを優先するために、ネジを巻くペースをゆっくりにすることがあります。くわしくは担当の歯科医師に相談してみてください。

平野区で矯正歯科なら
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る