悪い歯並び(不正咬合)の原因は・・・ - 東住吉矯正歯科センターのブログ|東住吉区・平野区・住吉区・松原市エリア矯正歯科

東住吉矯正歯科センター 東住吉矯正歯科センター 無料初診相談受付中
最高の笑顔を見たいから"
2013年12月10日 [Default]

悪い歯並び(不正咬合)の原因は・・・

歯は咀嚼(食べ物を噛む)、嚥下(飲み込む)、発音など、さまざまな機能に深くかかわっています。歯並びが悪い状態、すなわち不正咬合だと、歯みがきがしにくいために虫歯や歯周病になりやすくなるばかりでなく、頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。また、しっかり咬めていないために消化に問題ができて胃腸に負担が生じることもあります。歯並びが悪いと自分の笑顔に自信がなくなりコンプレックスになることも珍しくありません。

不正咬合は、遺伝のほか、指しゃぶりや舌を出す癖が原因のこともあります。指しゃぶりや舌を出す癖は矯正装置の装着により改善されることもありますので、気になる方は東住吉区、平野区、住吉区、松原市から通いやすいエムラ歯科・矯正歯科にご相談ください。


東住吉区、住吉区、平野区、松原市から便利なエムラ歯科・矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る